住宅ローンの減税ってどうなの?

住宅ローン減税とは、住宅ローンの金利負担を軽減するため年末のローン残高の1%を所得税などから控除する制度です。
消費税率がアップ事に伴い、制度を延長して平成26年4月から最大控除額400万円に倍増します。
10年間は控除が継続して受けれるものです。
住宅購入は大きな買い物ですから、3%の税率アップは負担に感じるものです。
その負担を軽減するためにもう一つあるのが、すまい給付金という制度が予定されています。
すまい給付金とは住宅ローン減税の恩恵を受けにくい方に対しての制度で、収入によって給付額は異なります。
収入額が510万円以下の方たちを対象に最大30万円まで現金を給付するものです。
どちらの制度も利用するには諸条件がありますが、これらの制度を上手く利用して消費税の引き上げ負担を軽減出来るありがたい制度です。
とにかく消費税増税前に購入するのか、住宅は大きな買い物のため慌てずじっくり検討するのか情報収集してみるのが大切です。