介護保険制度はどうして導入されるようになったのでしょう!?

私達は介護保険料を支払っていますよね。
それが、なぜこうした介護保険制度が導入されるようになったのでしょう!?それは「家族だけでは、介護するのに限界がある」と言うのが大きな理由と言うことです。
この介護保険制度が施行される前の状態は、介護が家庭で何とかする物と言う考えが根強く残っていたと言うことが挙げられますね。
しかし、今や日本と言う国は、世界一の長寿国と言われるくらいまでになっています。
言い換えると、高齢者社会になってきたと言うことでもあります。
(汗)それによって寝たきり、認知症など、介護を必要とするお年寄りが増加してきたことがあります。
また介護自体が長期化するようになってきたことなどもあります。
それらのことを受けて、介護の必要性や重要性などが大切となってきたと言うことです。
また、家族だけでは対応しきれなくなってきたこともあります。
(汗)また今では在宅で介護されている人の半分以上が60歳以上の高齢者だと言います。
「老老介護」と言う言葉があります。
お年寄りがお年寄りを介護するような状態になってきていると言うことです。
(汗)そうした状況を打破しようとして、介護を社会全体で賄って行こうと言った介護保険制度が設けられています。
福祉と医療の制度を一体化させてから介護保険サービスを要介護者に提供して行こうと言うことになったと言うことです。
(笑顔)